この記事は2019/06/23に更新されました。
Google Driveが撤廃され、新たにGoogle Oneというサービスが始まりました。
Google Oneについてと、容量体系と料金について
調べてみました。
スポンサーリンク

Google Oneの特徴

大きな特徴として、
Google Oneは容量を5人の家族で分け合えるストレージ共有が出来る点です。
またGoogleDriveでの容量プランが見直され200GBの追加と、
1TBの料金で2TBが利用できる様になった感じです。
家族間で分け合える例として、
100GBの場合、
最初に元々ある15GBが消費される。
次にGoogleOneでの追加容量:85GBが消費される(100GBから15GBを引いた残りのGB)
この85GBを家族最大5人で共有する事が出来きます。
スポンサーリンク

Google Oneの容量と料金

そしてGoogle Oneストレージの容量と金額が下記となります。
料金
容量  月額 /  年額
100GB:250円/2,500円
200GB:380円/3,800円 NEW!
2TB:1,300円/13,000円
10TB:13,000円/記載無し
20TB:26,000円/記載無し
30TB:39,000円/記載無し
1TBのプランがなくなり2TBのプランが1TBの価格で利用する事が出来ます。
2TBあれば写真を家族間で共有する事も可能です。

サポートサイト

サポートサイトは下記になるみたいです。
Google One
Google Oneの設定の中に家族共有設定という物があるので
そちらを利用して共有設定を行うのではないかと考えられますね。
 

 GoogleDriveからの切替作業はあるかどうか

既にGoogleDriveで容量を購入されている方に関しては、
自動的にアップグレードするみたいです。
 
特に切替作業などは必要無いみたいですね。
1TBの方は2TBに自動的にプランが切り替わる
ようですのでこれはちょっと嬉しいですね。
一応まだGoogleDriveから容量を購入する事も可能みたいですので。
自動切り替えがあるので便利なのではないでしょうか。

Google One登場

Google oneが出てきましたね。
2019/06/23現在、サービスが開始され新規受付が常時行われている形です。

GoogleOneの使用感

GoogleOneを使い始めて約半年以上が経過し、

使用感として、普段使いはほぼ無意識に何でもGoogleドライブに入れて使っています。

2Tと容量があるので全然気にしないでデータを放り投げられます。

なんでとりあえず全部Googleドライブに入れるかというとバックアップの意味合いもあるのですが、それ以外に

Googleドライブに入れておくとデジカメのよく分からない拡張子のファイルだったり、

フォトショ独自のファイルだったりがPCにビュワーをインストールせずとも閲覧する事が出来るので便利なのです。

 

では今回は以上となります。
また次回、ご贔屓に。
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事