この記事は2019/06/23 に更新されました。

どうもYnek0です。

今日はKyashについてご紹介出来ればと思います。

僕も最近使ってみたのですが、導入も簡単ですぐにクレジットカードが作成出来たので

ぜひ参考に見て頂けると幸いです。

スポンサーリンク

Kyashとは

Kyashとはプリペイド式クレジットカードアプリです。

横文字多すぎてよく分からん!

ですよね。

つまりは、Suicaやnanacoのようなプリペイド型(入金型)でありながら

クレジットカードとしての利用ができる。

というアプリです。

クレジットカードはVISAカードとなります。

それ以外にも、Kyash同士での送金・集金機能も搭載しており、

割り勘や立て替えがすぐさま可能となっています。

Kyashのクレジットカードは実体を持たないので基本ネット通販などで

使用する事が出来ます。

※もちろん、実体のカードを持つことも可能です。

スポンサーリンク

Kyashのインストールから設定方法

アップルストアもしくはGoogle playよりkyashをインストール。

SMSでの認証を通せば完了です。

本人確認は不要でこれで

仮想VISAカードが発行することが出来ます。

チャージ方法

入金方法

入金方法は下記の通りです。

  • クレジットカード
  • コンビニ
  • 銀行(Pay-easy)

利用条件

利用条件は下記の通りです。

ウォレットでの保有限度額は1000万以下です。

【バーチャルカードのみ所持の場合】

  • 24時間あたりの利用限度額は3万円以下 
  • 1回あたりの利用限度額は3万円以下
  • 1ヶ月間での利用限度額は12万円まで

【リアルカード連携済みの場合】

  • 24時間あたりの利用限度額は5万円以下
  • 1回あたりの利用限度額は5万円以下
  • 1ヶ月間での利用限度額は12万円まで

1日の使用が最大5万円までと1ヶ月最大12万円という形ですので

人によるかもしれませんが日々の小さな買いもの用の利用が1番しっくり来そうです。

大きな買いものをする際は、別のカードを使用しなければ

いけませんね。

クレジットカード

クレジットカード連携の場合、手動でチャージができます。

またそれ以外にも残高が不足して居たら勝手にチャージされる様になっています。

残高が300円で、1000円の支払いをする場合

不足分700円がカードで引き落とされます。

コンビニ入金

ファミマやローソンで入金する場合

コンビニ入金はアプリからチャージ申請を行い

コンビニの端末よりチャージ申込書を発券させレジでお会計する

必要あります。

入金におけるチャージ最低金額は3,000円からです。

1日最大30,000円まで入金することが可能です。

セブンイレブンだけはちょっと変わっている

セブンイレブンの場合に限ってはセブン銀行ATMを利用して1日50000円までチャージする事が可能です。

セブン銀行ATMのスマートフォンでの取引を押してQRコードを読みとりをすれば良いみたいです。

銀行入金

Pay-easyを使用して銀行から入金する事になります。

インターネットバイキング及びATMからチャージする事が可能です。

入金申請するとATMでの操作方法の手順がのっていますので

確認しながら操作してください。

Kyashにする事によるメリット

なぜKyashを勧めているかというと、

Kyashを使用する事により、2%のキャッシュバックが発生するのです。

正し、モバイルSuicaチャージでの利用は対象外となっています。

Amazonでの簡単な買いものや日常品などでKyashを利用してキャッシュバックを得られるのはいいかもしれないですね。

クレジットカードと連携する事で、クレジットカード本体の

ポイントキャッシュバックと2重取りする事が出来るので非常にお得です。

是非、お試し下さいな。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事