記事書いたら501 Not Implementedエラーで記事飛んだ件

どうもブログ記事を書いていたら501 Not Implementedエラーが出て記事がぶっ飛んで泣く泣く書き直す羽目になりましたY-nek0(@Ynek0)です。

 

そのエラーなんぞやと思われるかも知れません。

 

突然の出来事で自分ももなんぞや!?と思いました。

 

そんな501 Not Implementedをどのように解決していったかを書いていけたらと思います。

 

 

まず結論申し上げます。

 

501 Not ImplementedはサーバーのWAF設定を変えることにより回避は可能です。

 

しかし、それだけでは今度はセキュリティが危うくなってしまいます。

 

その代わりのセキュリティ対策について先にご説明させて下さい。

 

そうそう、WAFはなぜ設定されているのかと言う所ですが、名前からの通り

悪意ある外部からこのブログを守るためのセキュリティなのです。

なのでそれらを補う様に代替えのセキュリティを用意しないといけません。

方法はいくつかあります。

1.記事投稿後、WAFの設定を元に戻す。

2.WordPressのプラグインから変わりになるセキュリティを探す。

3.WAFの設定を元に戻し、引っかかる文字を避けて投稿する様にする。

記事投稿後、WAFの設定を元に戻す

この方法は至極簡単な方法で、WAFに引っかかる記事がそんな頻繁にあることを考えた場合、

 

ITでもプログラミング系のブログを運営しない限りは

 

そこまで501 Not Implementedエラーに遭遇する事は無いかと思います。

 

なので投稿する記事によって501 Not Implementedになる場合は

 

一旦セキュリティを外して投稿する等の対策をすればよいかと思います。

 

デメリットとして一時的にセキュリティの品質が下がるという事を認識して頂く必要があります。

重要
特にエックスサーバーのWAF設定を変えると反映までに最大1時間かかります。
OFF/ONの作業だけで最大2時間かかることを意味していることをお忘れずに。

WordPressのプラグインから変わりになるセキュリティを探す。

 

こちらはかなり頻繁に501 Not Implementedが出てくる方向けです。

 

記事を書く度に501 Not Implementedに悩まされ続けるという地獄の迷宮から抜け出すには

 

WAFの設定を変えたままにせざるを得ないですよね。

 

自分は基本以下のセキュリティプラグインを導入して使っています。

 

BulletProof Security

 

ただ、気をつけておきたいのがWAF設定と同じようなセキュリティが担保されているわけではないので

 

設定の維持に関する判断は自己責任でお願い致します。

 

 

WAFの設定を元に戻し、引っかかる文字を避けて投稿する様にする

 

こちらに関しては設定なんてそもそも変えずに

 

引っかからない範囲で記事を投稿していくスタイルです。

 

 

どうしてもこの文章を入れなければならないとか必要な場合は画像で表示させたりと工夫は必要です

 

 

しかしその分セキュリティは担保されるので手間はかかりますが

 

 

セキュリティの品質が1番保持される方法となっています。

 

 

そこまで頻繁に出ない方はこちらの対策をした方が良いかと思います。

 

 

 

以上がセキュリティ対策及び回避方法となります。

 

ではそもそも501 Not Implementedとはなんなのか、説明していきたいと思います。

そもそも501 Not Implementedとは?

 

読み方は

ゴーマルイチ ノット インプリメンテッド

 

5xxなのでサーバー側にエラーがあると言うのが分かるのですが

自分もこのエラーに関して全然見覚えが無かった為、幾つか調査しました。

 

詳しいサイトを読むと

 

実装されていない。実装されていないメソッドを使用した。

なるほど、サーバー側で実装されていない事をしようとしたのかと分かる。
当ブログはGASのコードを記述する事があるのでそれが呼び出し判定に引っかかってしまったと言うことなのでしょう。
サーバー側と言う事はこのブログはエックスサーバーのサーバーを借りて運営しているので
エックスサーバー上の設定を変える必要があるという切り分け方になります。
ではエックスサーバー上の設定をどのように変えればよいか。
基本ネット検索すると大体『WAF設定』と出てきますワフワフ。可愛いですね。
WAFは略称で正式名書は
Web Application Firewall:ウェブアプリケーションファイアウォール
と呼びます。
サーバー側のセキュリティ機能ですね。
こちらが引っかかっていると原因を調査した所分かった事です。

WAFの設定を変更する

 

ではWAFの設定を変更して見ましょう。

 

エックスサーバーのサーバー管理画面からWAFの設定に入れます。

 

サーバー管理画面は下記です。

 

その画面からログインし、設定画面に入ります。
設定画面の右下にWAF設定がありますのでそちらをクリック。
次に現在使用しているドメインを選択します。
その後、いくつかの項目とOFF/ONのラジオボタンが横に並びます。
そのうちのXSS対策とコマンド対策のラジオボタンをOFFに選択します。
その後に確認画面が現れて設定内容の確認を行います。
最後に設定するボタンを押下します。
これで設定が適用されるまで最大1時間待つことになりますので気長に待ちましょう。
その後、自分の記事が下書き保存、プレビュー及び投稿が問題なくできていることを確認できています。
以上501 Not Implementedになった際の対応方法を書きました。
またトラブルに見舞われた際には情報発信として記事にできればよいと思いますので
是非ともその際は当ブログを思い出して頂ければ幸いです。

ではまたご贔屓に。

 

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事