Windowsの様にMacでも画面の瞬間移動・リサイズができるアプリ『Spectacle』

どうもYnek0です。

最近大きなモニターを購入しまして。

その記事はこちらになるので合わせて読んでもらえると嬉しいです。

スポンサーリンク

ウィンドウの瞬間移動・リサイズができるアプリを探した

そのモニターでウィンドウのリサイズを行おうにもWindowsの様な

Windowsキー+→の様な瞬間移動・リサイズをしてくれる

ショートカットキーはMacに用意されておりません。

これではせっかく広くなったデスクトップ画面を活用することができません。

という訳で、Ynek0は探してきました!

Windowsの様にMacのウィンドウをいい感じに移動・リサイズしてくれるアプリ

その名も『Spectacle』です。

このアプリを使ってMacでもショートカットキーで画面調整できるようにしましょう。

スポンサーリンク

Spectacleインストール方法

では最初にSpectacleのサイトへアクセスします。

https://www.spectacleapp.com/

TOPページにて『Download Spectacle』をクリックします。

ダウンロードしたファイルを展開します。

アプリ「Spectacle」を「アプリケーション」フォルダへ移動させましょう。


移動させたら「Spectacle」をダブルクリックします。

※わかりやすい様にデスクトップで実行させています。実際はアプリケーションに移動してダブルクリックして下さい。

すると、次のポップアップが表示されます。

Spetacle はインターネットからダウンロードされたアプリケーションです。開いてもよろしいですか?

いくつかボタンが表示されますが「開く」をクリックしましょう。

すると下記のような画面が表示されます。

「Open System Preferences」をクリック。


するとシステム環境設定の「セキュリティとプライバシー」が開きます。

画面左下の「錠前(カギ)」アイコンをクリックしましょう。


「パスワード」を入力し、ロックを解除します。

アクセシビリティの中にあるSpectacleのチェックを付けましょう。

その後にSpectacleにチェックを入れて「錠前(カギ)」アイコンをクリックしてロックしましょう。

操作方法と設定変更の方法

ここまできたら操作するだけです。

Spectacleメニュー

右上にある小さなメガネのアイコンをクリックするとメニューが表示されます。

メニューは英語で書かれているので一応日本語訳を置いておきますね。

下記コマンドがWindow移動のショートカットキーになります。

Center(真ん中へ移動)

option + command + c


Fullscreen(フルスクリーン)

option + command + f (画面サイズにウィンドウを合わせる)

ctrl + command + f (緑のボタンを押したときと同じ動作)


Left Half(左に移動)

option + command + ←


Right Half(右に移動)

option + command + →


Top Half(上に移動)

option + command + ↑


Bottom Half(下に移動)

option + command + ↓


Upper Left(左上に移動)

control + command + ←


Lower Left(左下に移動)

shift + control + command + ←


Upper Right(右上に移動)

control + command + →


Lower Right(右下に移動)

shift + control + command + →


また、同じ方向矢印を連続で押すと画面サイズも調整できるので

画面を2画面にしたい時や3画面にしたい時に使えて便利です。

Spectacle設定変更

先ほどの右クリックメニューの『Preferences...』をクリックすると下記画面が表示される。

そこでショートカットキーを押せば新たなショートカットキーを設定する事ができる。

『Restore Defaults...』を押せば初期の設定に戻ります。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事