ATOK Passport に 「ATOKディープコアエンジン2」を来年度搭載
スポンサーリンク

どうもY-nek0(@Ynek0)です。

 

 

ATOK、アップデートするってよ!

 

 

ATOK公式サイトより

 

株式会社ジャストシステム(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:関灘 恭太郎)は、
2022年2月1日(火)より、常に最新の日本語入力システムを使える定額サービス
「ATOK Passport 」で提供している、「ATOK for Windows」「ATOK for Mac」の変換エンジンを強化します。

最新AI技術のディープラーニングを採用した「ATOKディープコアエンジン2」を搭載し、
日本語入力の効率と品質を格段に向上させます。

スポンサーリンク

気になるATOKのアップデート内容は?

 

主なアップデートは3点!

主なアップデート
  1. 最新鋭の変換エンジン「ATOKディープコアエンジン2」 [ATOK for Windows/Mac]
  2. オンライン会議で役立つ「ATOKプロテクトモード」 [ATOK for Windows]
  3. 100億通り以上の組み合わせが可能な「カスタムATOK」 [ATOK for Windows]

 

 

ATOKディープコアエンジン2

40年間にわたるATOKの技術をもとに、文脈の理解度、変換精度の向上

間違えやすい「制度・精度」「補習・補修」「賞品・商品」といった同音異義語も正確に変換し、

入力ミスを防ぎスムーズな文章入力を実現します。

ATOK for Windows/Mac対応

 

ATOKプロテクトモード 

 

Web会議システムの画面共有時など、

文字入力の際に推測候補が意図せず相手に見えることを防止するため、

推測候補の自動表示を抑制する「プロテクトモード」を追加しました。

 

会議システム「Zoom」の開始・終了時には、プロテクトモードのオン・オフを自動で切り替えます。

 

ATOK for Windows対応

 

カスタムATOK

 

一人ひとりに最適な入力・変換の操作環境を、オーダーメイドで設定できるようになりました。

よく入力する文章の種類を4タイプから選ぶだけの「かんたんカスタム」と、

用途や目的に応じた質問に答えて、よりきめ細かく設定ができる「こだわりカスタム」で、

自分にぴったりのATOKを作ることができます。

 

ATOK for Windows対応

ATOKアップデート内容の感想

 

ちなみに私Yは前にも記事にしておりましたがかなり長期にわたってATOKパスポートユーザーなのですよ。

ついでにPREMIUMです。

 

 

このアップデートを読む限り、さすがJUSTシステム様!最近のトレンドを読んでますね~!

 

特にATOKプロテクトこれは欲しかった!正にジャストミート!

 

会社でもATOK使っているのですが、WEB会議の時に入力履歴が出てきて人の名前とか『お』とか『w』とか押すととんでもない入力履歴が表示され

クスクス笑われるか『ちょっとY君?あとで話しようか?』みたいな事を言われて連れて行かれたり結構アレだったんですよね。

 

いやぁ、助かる!ホント助かる!流石ATOK様だよ!2月が待ち遠しい!

 


スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事