EdgeでIEを利用する方法。
スポンサーリンク

どうもY-nek0(@Ynek0)です。

 

この記事を見られていると言う事は

 

『IEがみつからない』

『IEがどこかに行ってしまった』

 

とお悩みの方だと思います。

 

2022年6月16日以前にこの記事を読まれているのでしたらこちらの記事で対応はできます。

 

 

しかし2022年6月16日以降でこの記事を閲覧の皆様については本記事にて説明をさせて頂きます。

 

 

こちらIEことInternet ExplorerはMicrosoft社が

サポートを2022年6月16日期限で終了するとしています。

 

IPAからもその注意を促す発表がありました。

2022 年 6 月 16 日(日本時間)をもって、Microsoft 社より Internet Explorer のサポートが終了となることが告知されています。
同ソフトウェア製品の利用者においては、サポートが継続している他の一般的なブラウザへの移行、およびコンテンツの改修等の対応が求められます。

 

すでにPCにインストールされているIEは動くんでしょ?』と思われる方もいらっしゃるかと思いますが

 

声を大きくして言いますが

 

できません。

 

IEのアプリケーションを起動するとEdgeで開くようになります。

ですのでIE利用者のウェブブラウザ切り替えは必須になっております。

 

しかしそうは言っても

 

『昔から使っているレガシーシステムはIEでしか利用ができないのだー』

 

という会社もあったりするのでMicrosoft社はそこの救済策としてEdgeにIEモードという機能を搭載しております。

今回こちらの機能の利用してEdge上でIEとして表示させる方法をご紹介させて頂きます。

 

EdgeでIEモードを起動する方法

 

それではMicrosoft EdgeでIEモードを起動する方法について説明をしていこうと思います。

ただ、その前にIEモードをする前提条件というものがありますのでそちらを記します。

 

IEモードの前提条件

 

以下表が前提となるOSの最小の更新プログラムです。

事前にこの更新プログラムを適用させておかないとIE モードが失敗する可能性があるとの事です。

オペレーティング システム バージョン 更新プログラム
Windows 10 1909 以降
1903 KB4501375 以降
1809 KB4501371 以降
1803 KB4512509 以降
1709 KB4512494 以降
1607 KB4516061 以降
初期バージョン、2015 年 7 月 KB4520011 以降
Windows 8 8.1 KB4507463 以降、または KB4511872 以降
内蔵型 Internet Explorer 11 にアップグレードするには KB4492872 をインストールして、KB4507447 以降または KB4511872 以降をインストールする
Windows 7 SP1** KB4507437 以降、または KB4511872 以降
Windows Server 1903 KB4501375 以降
1809 KB4501371 以降
2019 KB4501371 以降
2016 KB4516061 以降
2012 R2 KB4507463 以降、または KB4511872 以降
2012 Internet Explorer 11 にアップグレードするには KB4492872 をインストールして、KB4507447 以降または KB4511872 以降をインストールする
2008 R2** KB4507437 以降、または KB4511872 以降

引用元:Internet Explorer (IE) モードとは|Microsoft公式サイト

スポンサーリンク

EdgeのIEモード機能有効化手順

 

まず始めにEdgeを起動します。

 

次にEdgeの右上の『』をクリックします。

 

Edge右上の…をクリック

 

次に現れたメニューリストから『設定』をクリックします。

 

メニューリストから設定をクリック

 

設定画面に画面が遷移して左上にあるハンバーガーメニューをクリックします。

※画面の大きさによってメニューが最初から現れている場合もあります。

 

左上のハンバーガーメニューをクリック

 

左からメニューが現れますので、その中にある『既定のブラウザー』をクリックします。

 

左メニューから既定のブラウザを選択

 

既定のブラウザー』を選択後右の画面が切り替わります。

設定の中に『Internet ExplorerにMicrosoft Edgeでサイトを開かせる』の右のプルダウンをクリックします。

 

Internet Explorerの互換性の設定変更

 

プルダウンメニューより『互換性のないサイトのみ』をクリックします。

 

プルダウンより互換性のないサイトのみをクリック

 

次にInternet Explorerモードでサイトの再読み込みを許可の右にあるプルダウンをクリックします。

プルダウンメニューより、『許可』をクリックします。

 

 

選択すると『再起動』を促すボタンが出現しますのでそれをクリックします。

するとEdgeのブラウザが再起動します。

※PCは再起動しません。

上記設定でEdge上でのIEモード利用が可能となりました。

 

特定ページだけを自動でIEモードに設定する場合

 

再起動後は以下の様な画面が表示されますので特定ページだけIEモードにしたい場合は

次回、このページをInternet Explorerモードで開く』をON(黒い●が右側に寄った状態)にして『完了』をクリックすれば完了です。

 

 

特IEモードに切り替える場合

 

IEモードに切り替えたい場合Edge右上の『』をクリックして、

メニューにある『Internet Explorerモードで再読み込みする』をクリックするとIEモードに切り替わります。

 

IEモード切替はEdge右上の…メニューから

 

またIEモード中はブラウザ上部に以下のメッセージが表示されます。

一番右にある『X』を押して閉じることも可能ですが『ツールバーに表示』をクリックするとツールバーにIEモード用のボタンが表示されて

切り替えが楽になるので便利です。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

EdgeのIEモードには設定期限があります。

 

注意して頂きたいのは

EdgeのIEモードは1度設定すればずっとIEモードで開いてくれるようなものではございません。

 

30日でIEモード切れる制限の文言

 

EdgeのIEモードは1度設定すると約30日はIEモードで開く様になりますと記されています。

ですので30日後に再度IEモードに設定し直す必要が出てきます。

 

個人的な感想

 

正直EdgeのIEモードは『一時的な救済策』であり、余裕あるIEのみ対応のレガシーシステムの改修計画を行って欲しいと言う

Microsoft社からのお願いに見て取れます。

 

IEモードがあるからといって、それを使い続けるよりも、新しいブラウザを使える様になって、いつかなくなるであろうEdgeのIEモードという

先の不安を持たない方が健全的であると思うので、これを期にレガシーシステムの改修計画、または別システムへの移行計画など

考えるきっかけになれば良いかなと思います。

 

 


 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事