注意

この記事はApple MacBookProを使用した前提で
インストール作業を行っております。
Windowsユーザーの方には実際の設定が合わない箇所があるかと思われます。
ご了承ください。

以前、GoogleDriveにはデスクトップアプリがありました。

 

しかしサービスを停止すると発表があり、代わりになるシステムとして

GoogleDriveとGoogleフォトを合体させた

バックアップと同期』がリリースされました。

 

前GoogleDriveアプリの自PC内へGoogleドライブの同期と同時に

Googleフォトへの同期も出来るアプリケーションになります。

 

また、同期できるフォルダもバックアップできるフォルダも指定出来る

使い勝手の良さから利用者が急増しているアプリです。

 

是非知っておきましょう。

 

ではそのインストール方法を先に見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

インストール作業

 

ダウンロード

 

https://www.google.com/intl/ja_ALL/drive/download/

 

こちらよりパーソナル側のダウンロードボタンを押下して下さい。

 

※ビジネス側のダウンロードボタンはドライブファイルストリームというGsuiteユーザーが使用出来るサービスになります。

 

画面がさらにポップアップしてくるので『同意してダウンロード』をクリック。

 

 

インストール&設定

 

ダウンロードしたら指定のダウンロードフォルダより

InstallBackupAndSync』ファイルをダブルクリックして下さい。

 

しばらくするとこの画面が出てくるので

ドラッグ・アンド・ドロップで

アプリケーションフォルダへコピーしてください。

 

 

自分のGoogleアカウントでログインを行います。

 

 

次に「マイxxxxxxxxx(自端末名)」というページが開きます。

ここでは、パソコン内の特定フォルダーと、

写真や動画を自動的にGoogleドライブに

バックアップする設定画面となります。

 

 

Googleの無料アカウントの場合、

このページ設定では注意が必要です。

 

ドキュメント、パソコン、画像のいずれかにチェックを入れると、
PC内部のファイルが自動で同期され、

随時Googleドライブの容量を消費することになります。

 

今までと同じように『Googleドライブ』の

中身だけローカルに同期できれば良い感じであれば、

チェックを入れる必要はありません。

 

デフォルトでは『元の画質』にチェックが入っています。

 

無料アカウントでGoogleサービスの容量を節約しながら

利用している場合にはここは特に注意が必要です。

 

こちらのままだと、Googleドライブの保存容量をカウントされてしまいます

 

「高画質(無料、容量無制限)」にチェックを入れれば、

保存容量をカウントされません。

 

Google フォト』の『写真と動画をGoogleフォトにアップロード』に

チェックを入れると、パソコン内の写真と動画が

Googleフォトに自動的にアップロードされます。

 

高画質(無料、容量無制限)』にしておけばチェック入れても

容量の問題は無いです。

 

今までの使い方と同じように継続するのであれば、

チェックは不要となります。

 

Googleドライブ』のどのフォルダを同期するか選択します。

 

 

標準では『マイドライブをこのパソコンに同期』

チェックが入っています。

 

同期させるフォルダーの場所を変えたければ『変更』

保存場所を変更する事ができます。

 

これらのフォルダのみ同期』を選んで、

同期不要なフォルダーを同期から外し

PC内の容量の圧迫を防ぐこともできます。

 

これでインストール作業は完了しました。

 

スポンサーリンク

アンインストール作業

 

実際入れてみたけれどなんか邪魔くさいからいらないと言う方へ

アンインストール作業について説明させて頂きます。

アンインストールできないという方はご参考にどうぞ。

 

アカウント接続の解除

 

右上のツールバーよりクラウドの文字を選択。

 

 

1番右にある、三点リーダーの縦バージョンを

クリックするとメニューが開く。

 

 

メニューの『設定...』をクリックする。

 

 

ウィンドが開き左側のメニューで設定を選択

 

次にアカウントの接続を解除をクリックします。

 

これでバックアップと同期の機能が自アカウントより切り離されます。

 

ファイルの削除

 

次に、Finderを開き、Googleドライブの中身を全て削除します。

 

既に同期が切られているので大本のGoogleドライブに影響はありません。

 

バックアップと同期のプログラム停止及びアンインストール

 

次に、ツールバーにあるクラウドマークをクリック

 

1番右にある、三点リーダーの縦バージョンをクリックするとメニューが開く。

 

そこで『バックアップと同期を終了』をクリック。

 

これでバックアップと終了のプログラムは完全に止まりました。

 

 

次に、PC内のバックアップと同期のプログラムを削除する手順です。

 

Finderを開き、アプリケーションフォルダを選択し、

アプリケーション一覧より『バックアップと同期』を右クリック、

削除をクリックすれば完了です。

 

 

以上がアンインストール方法となります。

 

おまけ

 

ついでにドライブファイルストリームについても説明します。

 

バックアップと同期と同じくビジネス用として

ドライブファイルストリームというアプリケーションも

リリースされています。

 

こちらはGSuite限定の機能となっておりますので注意してください。

 

またGSuiteについての記事は下記をご参照ください。

 

 

バックアップと同期はドライブファイルストリームは

GoogleドライブのファイルをPC内部に同期せずに

PCローカル上に表示させるツールです。

 

ファイルはスプレッドシートやドキュメントなら

ブラウザで開き、エクセルやワード、PDFだったら

ローカルPC上にあるアプリケーションで

開ける仕様になっています。

 

ご興味がありましたら、記事がありますので是非

ご一読ください。

 

 

Gsuiteを利用するのであれば、是非知っておいて欲しい機能です。

 

最後に

 

以前はGoogleDriveアプリを使用して居たユーザーも

この際にバックアップと同期を利用してみてはいかがでしょうか。

もしいらなくなったとしてもアンインストールの手順も掲載しておりますので

アンインストールできないや、方法が分からない方は是非ご参考に

見て頂けると幸いです。

 

また、バックアップと同期を使用する際で

注意すべき点はGoogleドライブの容量が

ノーカウントになる仕様をどれだけ知っているかが

ポイントになります。

 

なので以下に、Googleドライブの容量カウントに

計算されない事項をリストアップしておきますので

宜しければご参考にどうぞ。

 

あと、PC内に同期する際のチェック事項は

容量圧迫を招くので絶対にチェックしてくださいね。

 

では次回もご贔屓に。

 

マンガでわかるグーグルのマインドフルネス革命

Googleドライブ容量ノーカウント事項
・Google ドキュメント、Google スプレッドシート、Google スライド、Google フォーム、Google サイト、[共有アイテム] 内のファイル。
・ファイルが保存容量を使用するのは、そのファイルのオーナーの Google ドライブ内に限られます。
・Google フォト: 「高画質」で保存されている写真と動画。詳しくは、「高画質」を使用する方法をご覧ください。
・Pixel スマートフォン: Pixel スマートフォンから Google フォトに無制限に写真や動画をバックアップできます
参考資料:GoogleDriveヘルプ
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事