おすすめ!オシャレでスタイリッシュなキーボード

どもYnek0です。

 

さて、皆さんに質問です。

家で作業する時、ノートPCとディスプレイで利用していたりしますか?

 

外で使う時とほぼ同じ様な使い方をしていますか?

膝上に乗せて使っていたりしますか?

 

Ynek0はディスプレイに繋いで作業をするスタイルです。

 

そして家で作業する時はノートPCのキーボードは使わず、外付けでBluetoothキーボードを利用しています。

 

それはなぜかと言うとキーボードは消耗品という認識であるからです。

AppleのMacBookやPanasonicのLet's noteの様に堅牢な作りになっているものはそう簡単にはへたったりなどはしないと思いますが、

そこそこ安価のノートPCになると1年半くらいでEnterキー辺りがヘタって来てキーボードの交換の修理に出さないといけないとかざらにあります。

 

特にBTO関連のノートPCはキーボードのタイピングが強いと基盤を振動させてしまい、刺さっているはずの内部の配線が外れ、

PC自体が起動できなくなってしまう事象もあったので注意が必要だったりします。

 

Ynek0はMacBookProを利用していますが、まぁ大切に使いたいので外で利用する時以外は外付けキーボードを利用していたりします。

 

さて、そんな理由で外付けキーボードの話です。

まぁ外付けキーボードと言っても800円から10万を超すものまで様々です。

 

ただYnek0は家で使うならインテリアとしても映えるキーボードを使いたいという点で

オシャレでスタイリッシュなキーボードをご紹介できればと思います!

 

この記事はどんな人に向けて?

・外付けキーボードを買おうと考えている方
・オシャレなキーボードが無いか探している方

surface キーボード

surface keyboard

出典:microsoft

 

Microsoft社が出しているキーボードです。

今までのWindowsの周辺機器はデザインはあまり気にしないイメージを払拭してくれるシックなデザインがお気に入りです。

 

surfaceと書いてあるのですが、もちろんsurface以外でも利用はできます。

 

無線で電源は単四電池2本となっています。

それで最大1年持つというのがなかなかすごいところですね。

 


 

Dell Premierワイヤレス キーボード K717

 

 

 

 

 

出典:DELL公式HP

 

意外と知られていないのがこのDELLのPremierワイヤレスキーボードです。

 

家電量販店の店頭にあったこの高級感のあるスタイリッシュなデザインに目にひきました。

 

アルミ製のキーボード地盤と黒いキーのデザインで高級感を出していて

こだわりを感じさせてくれます。

 

またカチャカチャとうるさく音が鳴ることは無く、

ノートパソコンでタイピングしているかのような静音性があります。

 

電源は単四電池2本となっていてこちらも最大1年持ちます。

 


 

 

Taptek 16mm超薄型 ワイヤレスキーボード メカニカルキーボード

出典:Amazon

 

こちらはクラウドファウディングで登場したメカニカルキーボードでコンパクトでシンプルな構成のキーボードです。

LEDライトは自分で好きに変更する事が可能らしいの自分に合ったタイプで利用すると良いでしょう。もちろんOFFにもできます。

またペアリングが3台までボタン切り替え出来るので事前にiPadやiPhone、AndroidなどのBluetooth機器とペアリングさせておくと良いでしょう。

 

Nキーロールオーバーにも対応して居てゲーミングキーボードとしても役割を果たします。

 

そして今らしいUSB TypeCで充電できることとそのTypeC経由での有線接続も可能となっておりどちらでも利用できる仕様です。

 

正に至れり尽くせりのキーボードなのですが

このキーボード注意点があって音がカチャカチャと鳴るタイプのキーボードとなっているので

カフェや職場に持ち込む際はちょっと気にする必要があるかも知れません。

 

そして価格が結構高級キーボードに迫る価格になっているので

お金に余裕がある方へオススメしているキーボードです。

 


 

 

最後に

 

今回選定したキーボードはデザインに着目してご紹介致しました。

 

どれもスタイリッシュなデザインでインテリアとしても入力機器としても役割を果たすのではないでしょうか。

 

あと今回はMac用は省いております。

なぜか……Apple純正のマジックキーボードがそりゃもうデザイン良いし使いやすいので……。

 

と言うわけで今回は以上となります。

また次回

ご贔屓に。

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事