コスパも機能もよし、日常使いできるおすすめ中古品3選
スポンサーリンク

どうもY-nek0(@Ynek0)です。

 

皆さん突然ですがiPhoneって知っていますよね。

 

iPhoneってどの程度で完成されたと思います?

 

まだ未完成?芸術やグラフィック・ムービー関連の方ですかね。

生意気言ってすいませんでした。

これで記事終わるんで勘弁して下さい……

 

 

というのは冗談で、多くの人にとってはカメラと中身の性能がアップした位?

と考えると思います。

 

iPhoneにおいて、基本的なデザインと機能的に言えばiPhone7で日本で生活する上での全てが完成されたと思われます。

 

そこからは中身の性能が増えて、サービスが改良され、カメラの性能が上がり続けてきた経緯です。

 

なのでスマホを持つ上でiPhone7もしくは8が今現在もスマホの中古市場で人気があるのはそういった理由です。

 

ではiPhoneのように汎用的に完成された製品が他には無いのか?そういった疑問を思い立ったことは無いですか?

全然そういう製品はございます。

 

買ったはいいけれどそれ程使わないのではちょっと買うのも躊躇いますが、

今回日常的に使えて、高性能な中古製品をご紹介できればと思います。

ではやっていきましょう。

 

WH-1000XM3

 

SONYのWH-1000XM3は発売当初はものすごい人気でノイズキャンセリングってここまで静音にしてくれるんだ……

と発売当初はデジカジェ系ブロガーや業界人を唸らせ各デジガジェ系ユーチューバーがこぞって取り上げられていました。

 

 

 

実際にノイズキャンセリングの機能はかなり良く、部屋越しのいびき、遠出の喋り越えやファストフード店には言った際の周りの声や音を

一切シャットアウトできて音楽を楽しめる優れものです。

 

 

あっ、あと電車のアナウンスすらもキャンセリングするんでそこは注意が必要です。

専用アプリがあるのでそこでノイズキャンセリングの強さを調整する事も可能ですので

 

 

音楽を聴くだけじゃ無くてノイズキャンセリング機能のみを使う事も出来るので

ここぞの集中したいときに利用しようすると環境音や周りの喋り声をシャットアウトして自分の世界にしっかりと入り浸刺せてくれます。

 

 

そして自分はすでにこれを購入して四年目に突入しようとしている所ですが、全くもって買い替える気持ちにならない

壊れるまで使い続けるだろうヘッドホンです。曲送りや一時停止などもイヤパッド上からできる優れものです。

 

 

ほんとに使えるんですよ、特に冬。

イヤーパッドの役割を果たすんで暖かくて音楽聴けるし一石二鳥なんですよね。

 

 

WH-1000XM3に関しては以下の記事でも結構色々と書いていますので興味があればご参考頂けると幸いです。

 

 

 

 

現在はWH-1000XM5まで出ており、2世代の型落ちと言った所です。

価格も定価40,000円(税別)で発売されていたところが現在ではamazonでは50%近く値下げされているので

これは買い時なのでは無いかとご紹介させて頂きました。

 


 

スポンサーリンク

KJ-55X9300C

 

こちらは4Kテレビになります。

SONYがテレビに始めてAndroidTVを搭載したモデルになります。

 

 

何がオススメかというとこの完成されたビジュアルです。

 

 

 

 

確かに発色などでは後発の有機ELには劣るでしょう。それでも最新の液晶テレビの発色や解像度は劣りません。

 

 

しかしスピーカーと一体となったこの一面を見てカッコイイビジュアルだと思いませんか?

自分はこのビジュアルに惚れて発売当初に購入しました。

 

 

もうあからさまにカッコいいですし、スピーカーが全面にある事から音が籠もることなく

しっかりと伝えてきます。そして何より4K対応だけではなくHDRも対応しているのでテレビだけではなくゲームでも映画どれでも使い所があります。

 

 

現在は薄型有機ELが主流になりつつありますが、その点で値下げもかなり行われており、

当時定価50万近くあったのですが、現在ではかなり値下がりされており、中古市場においては3万~6万の価格で販売されています。

 

 

最近はテレビよりモニター買ってFire TV StickやAppleTV、Chromecastを接続して使う方が安上がりと聞きますが、

こういった型落ち品の方がより安く大画面、高画質を楽しめてかつ良いスピーカーも一緒に付いて安く手に入るので良いのでは無いかと思います。

 

 

発売当初、AndroidTVの操作感は当初かなりもっさりとした挙動で一昔前のスペック不足のPCを思い浮かべるような挙動しかできなかったのですが、

アップデートを繰り返していくごとに挙動が早くなり、2022年現在はサクサクと動く様に改善され、

全然使えるレベルの反応速度になっております。

 

 

もちろんPrime VideoやNetflix、Disney+なども搭載のGoogleTV上のプレイストアから取得可能です。

ニコニコ動画はたしかアプリのサービスは終了していたかな?

 

 

是非とも古いテレビをお持ちでしたら買い換えの検討に選んでもらえたら嬉しいです。

 

 

また、このテレビのタイプはまだA2DPプロファイルに未対応でワイヤレスヘッドホンに対応していないのであしからず。

その場合で利用する際は別途こちらの製品が必要になってきます。

 

 


KJ-55X9300Cを購入する場合はやはりメルカリかヤフオクまたはソフマップやビックカメラ、ヨドバシの中古品を漁ってみると結構発掘できたりします。

 

iPad Pro 12.9 3世代モデル

 

iPad Pro 12.9インチ3世代モデル

 

iPad Pro 12.9インチ 3世代モデル 2世代アップルペンシルが始めて対応されたモデルです。

 

 

以前の記事でもこのモデルをご紹介させて頂いております。

 

 

 

 

こちらipad Pro の12.9インチシリーズでは3世代モデルではありますが、絵を描く、動画を作成するアプリゲームをする等の多様な用途において

何の不満もなく使えているのが現状です。

 

 

現在も自分も使用しておりますが画面も12.9インチと大きく、NetflixやdアニメストアやTikTokなどで動画を見たり、procreateやクリスタを使って絵を描く事、

WordPressアプリを使ってブログを書く等、幅広いやりたい事を叶えてくれるタブレットです。

 

 

価格も新型が登場するごとに次第に下がってきており現在では6万~8万の間で購入出来る位になってきました。

当時定価の256GBのセルラーモデルで12万くらいしましたが約半額くらいには値が下がってきた感じですね。

 

 

このモデル以降からは基本性能アップとカメラ性能が上がった位しか変化がないので、

大きなiPadを買いたいならこちらのモデルがオススメできます。

 

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事