【Windows・Mac】PDF結合機能を無料で利用する方法

どうもY-nek0(@Ynek0)です。

 

今回はPDFの話題を取り上げて見ようと思います。

 

よく利用する方も多いのでは無いでしょうか?

 

上司からいきなり大量のPDFが送られて来て『これ、全部統合しておいて。あと1時間で会議だからよろしく』と言われ事は無いでしょうか?

 

無い?きっとホワイトな企業にお勤めされているのでしょう。

 

ではどのようにしてPDFを結合させるかと言う事をお話しさせて頂きます。

 

スポンサーリンク

WindowsのPDF結合方法

 

 

まずPDFは皆さんどのようなものを利用されていらっしゃいますか?

 

多分ほとんどの方はAcrobatReader(アクロバットリーダー)を利用されていると思われます。

 

AcrobatReaderはAdobe社が開発したPDF閲覧・編集ソフトで、無料版は閲覧、また入力フォームに入力し、保存する事が可能です。

 

PDFへの編集などをしたい場合はCreativeCloudで有料会員に登録して利用する事が出来ます。

 

その為だけに有料会員になるのは流石に合理的では無いですよね。

 

となると方法は2つあります。

 

1.フリーソフトを使う方法

 

まずはフリーソフトを利用する方法です。

 

CubePDF Pageと言うフリーソフトを利用することにより結合、分割が可能となります。

 

非常に使い勝手が良いフリーソフトになっていますので片手間のPDF結合や、分割をする際にはオススメです。

 

その他にもPDFsam Basicも使いやすいUIをしていたり、多くのOSに対応していたり、回転できたりと非常に有用な機能を有しているのでオススメです。

 

2.スクリーンショットとオフィスを使う方法

 

 

次にスクリーンショットとオフィスを使った機能です。

 

使うオフィスはエクセルでもワードでもパワーポイントでも大丈夫です。

 

やり方は簡単で、表示したPDFを1ページずつスクリーンショットし、そしてオフィスのいずれかに貼り付けていく。

 

あとはそれらがはみ出ないように調整し、印刷→PDFで出力を選択し印刷すれば統合したPDFが完成です。

 

ただ大量にページがあるPDFではこの方法は余りオススメできないので

 

フリーソフトが使えない最終手段として使う方が良いでしょう。

 

スポンサーリンク

MacのPDF結合方法

 

MacでのPDF結合方法は余り聞いた事は無いかも知れませんが、実は標準で搭載されているビュワーで編集が可能です。

 

PDFファイル1とPDFファイル2をダブルクリックで開き、2つのPDFがウィンドウで表示されます。

 

PDFファイルのウィンドウがアクティブになっている状態で、上部のメニューバーにある『表示』にカーソルをクリックするとその中に『サムネール』という項目があるのでそれをクリックします。

 

すると、PDFのプレビュー画面左にページ別でサムネールが表示されます。

 

これをPDFファイル1とPDFファイル2どちらも表示させて下さい。

 

その後にPDFファイル2のサムネールを全選択しPDFファイル1のサムネールの最終行に貼り付けます。

 

これでPDFの統合は完了です。

 

実はこの機能、PDFのページ入れ替えもサムネール画面できたりするので非常に便利です。

 

是非利用してみて下さい。

 

また、この機能に関してAppleが公式でヘルプを出していますので

是非そちらもご覧下さい。

 

https://support.apple.com/ja-jp/HT202945

 

 

では今回は以上となります。

 

また次回ご贔屓に。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事