【TV?】ドンキ、TVチューナ非搭載のTVを発表!
スポンサーリンク

どうもY-nek0(@Ynek0)です。

 

 

今日はお昼のTwitterトレンドを沸かせたこの話題です。

 

 

 

ドンキ、TVチューナー非搭載のTVを発売と言う事で話題となっています。

 

TVチューナー非搭載?ドンな商品?

 

 

ドン・キホーテは、TVチューナーを搭載せず、Android TVの機能を有した

 

「AndroidTV機能搭載チューナーレス スマートテレビ」の

 

24型「TSM-2401F2K」を21,780円、

42型「TSM-4201F2K」を32,78012月10日に発売する。

 

 

Ynek0
果たしてこれをTVと呼んで良いのかは一旦置いておこう。

 

 

ドン・キホーテのオリジナルブランド「情熱価格」の新商品で、全国のドン・キホーテ系列店舗(一部店舗を除く)で発売する。

 

あえてTVチューナーを外した理由

 

インターネットの動画配信サービスを日常的に視聴するユーザが増えた背景もあり、

 

あえてチューナーを外して、Android TV(Android 9 Pie)をOSに採用し、

 

インターネットでの動画視聴に特化したテレビとした。

 

Chromecast機能も内蔵しているとの事。

 

またゲーム機との接続や、DVD・Blu-rayプレーヤー、ノートPCとの接続も想定し、

 

HDMI入力は3系統で、内1系統はARCとCECに対応。

 

HDMI入力は3系統は地味に嬉しいですね。

 

Fire TV Stick を以前から利用していれば差し替えれば使えるので非常に助かります。

 

AndroidTVがは言っているのであれば iPhone / iPad や Android から YouTube などの

ミラーリングも可能ですね。

 

使い勝手はやはり良いです。

 

ARCってなぁに?

ARC (エー・アール・シー)とは、オーディオ・リターン・チャンネル (Audio Return Channel) の略です。

ARC に対応している機器同士(例えばTVとARCに対応している外部スピーカー)であれば、

HDMIケーブル1本でつなぐだけで、双方のデジタル音声を楽しむことができます。

CECってなぁに

CEC(Consumer Electronics Control)は、HDMI デバイスを 1 つのリモコンで制御できる仕組みです。

BRAVIAリンクやビエラリンクののように機器同士がかち合えばリモコン1つで操作できることです。

 

 

また光デジタル音声出力、ヘッドフォン出力、AV入力、USB端子なども装備しているみたいです。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

ドンキはTVチューナー非搭載テレビを前にも発売していた?

 

実はドンキがTVチューナー非搭載のテレビを発売したのはこれが最初というわけでは無かったんですよね。

 

こんな発表を見つけました。

 

https://ppih.co.jp/news/pdf/news_191217.pdf

 

実は2年前の2019年12月末、ちょうど時期が重なりますね。

 

この時期にチューナー非搭載の32型液晶テレビの発表を行っていたりします。

 

 

価格は税込約2万ちょいって所ですか、今回の24型とほぼ同じくらいの値段ですが、

 

ただ、今回のようにAndroidテレビやHDMIのARCやCEC機能は無くフルHDでも無くHD画質という事で

 

かなり機能が限定的な商品だったみたいです。……進化しましたね。

 

この時期には……ドンキは確か……4Kテレビとか発売してましたっけ?いやそれは去年か……

少し気になって調べてみたら今年の初めに地味に安くなっていました。

 

2019年は何も話題にもなってなかった見たいですね。

 

今回は4Kテレビでも一時期話題もあったからこのTVも話題になったのかと思われます。

 

むしろ営業努力の成果ともいえましょう。

 

 

ドンキのTVチューナー非搭載テレビはちょうど良いところをせめている。

 

個人的な感想になりますが、

 

ちょうど良いところ攻めてきているなって思いました。

 

テレビが見たければnasneやらレコーダーやら買えば良い話ですから、

そこら辺を拡張できるガジェットやアプリはいくらでもあります。

 

この記事のようにnasneとAndroidTVを連携させてリアルタイム視聴をする事だって可能です。

 

 

大型の映像を映し出せる機器を格安で買えることに変わりはありませんので買いかなと思います。

 

買い換えを検討されている方はこちらの商品も検討されてみてはいかがでしょうか。

 

では、今回は以上です。またご贔屓に。

 

 


スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事